涙を流さず、常に前向きなところが好感を持てます。

今シーズンを締めくくる世界フィギュア選手権で優勝候補と言われていた初出場の紀平梨花選手は僅差で4位に終わり、表彰台を逃してしまいました。グランプリシリーズ、グランプリファイナル、四大陸選手権と初出場で制し好調だったもののやはり地元開催での初めての世界フィギュアはプレッシャーもあったのかもしれません。

痛かったのはショートプログラムでの冒頭のジャンプの失敗。規定上、ダブルアクセル以上を跳ばなければならないのでシングルアクセルになってしまいジャンプの1つの要素が無得点になってしまったのです。フリーはトリプルアクセルに2本挑み1本コンビネーションで成功。ですがショートの出遅れが響き、4位という結果に終わってしまったのです。

応援していた私としては何とも残念でしたが、紀平選手はインタビューですでに前を向いている発言をしており来シーズンに目が向いているように感じました。そういえば良くない状況でも泣いている姿は見たことがなく本当に前向きな選手なんだなと感じました。オーガニックレーベル 葉酸 販売店